LARMESラルム

2016年11月01日(火)

本朝廿四孝 名古屋 むすめ歌舞伎 [伝統芸能の継承者たち]

画像(269x320)・拡大画像(539x640)

ああ、つばさが欲しい、羽が欲しい、
飛んで行きたい、知らせたい・・・・・
恋する女性の心を、義太夫節で表現します。
歌舞伎って、
結局は恋バナだったり、歴女好みのお話だったりしますよね。
日曜日に開催された【本朝廿四孝】通し上演は、
むすめ歌舞伎・狂言・能の演者さんが
女性が演じる女性のたおやかさ
男性が演じる男性の猛々しさ
を見事にコラボされていました。
味わい深い武田信玄役に佐藤友彦さん
悪事を企てる武田家の奥家老に今枝郁雄さん
生命力あふれる上使に鹿島俊裕さん
狂言師さんチームですね!笑
朝顔を使った水口一夫さんの脚色がとても映像的でした。
映像といえば、今回は和紙に投影させて
能舞台を歌舞伎小屋のように演出したのは
映像効果を担当された水谷イズルさんと日栄一雅さん。
水谷さんは現代美術家です。
最後の章は、むすめ歌舞伎を創設した市川櫻香さん。
藤間蘭黄さんによる振付で、切ないほどの女心を舞います。
恋心が募り、ふと気づくと、白い狐になっていた。
好きな人のために、凍りつく湖を狐になって渡ってゆく
純粋がゆえに強すぎるほどの情熱を持つ八重垣姫を
まるで狐に取り憑かれたかのような静かな舞で
櫻香さんは表現されました。
この境地に至るまでの、皆さんのご努力を思うと
本当に頭が下がります。
まるで八重垣姫のごとき純粋な心持ちがなければ
コラボ舞台は作れますまい。
前回の公演から、
歌舞伎役者と狂言師がともに舞台に立つ姿を
知らないうちに見慣れてしまった私ですが、
よく考えたら、すっぴんの狂言師さんと
お化粧した歌舞伎役者が同じ舞台というのは
他では見られないコラボですものね。
演者以外にも、コラボネタはたくさんあって
書ききれないほどです。
むすめ歌舞伎が名古屋にあるということを
名古屋の人たちはもっと誇りに思っていいのではないか
つくづくそう思った1日でした。

Posted by 近藤マリコ at 01時41分   パーマリンク

2016年09月10日(土)

妄想クイーン活発な秋 [えとせとら]

画像(320x280)・拡大画像(640x560)

子供の頃から激しい妄想癖がある。そのほとんどが、ドリフの「もしも●●●な●●●がいたら」っていうあの「もしもシリーズ」みたいなもので、私がもし●●だったら、と、一人で妄想しては一人で「ダメだこりゃ」と突っ込んでは遊んでいる。言ってみれば、脳内一人遊びなので、誰にも迷惑をかけないし、お金もかからないし笑、どこにいたってできる。
今まで行ったことのない場所に取材で出かけると、「もしも私がこの土地に移り住んだら、どんな暮らしをするか」という妄想をよくする。山間の町なら、農業を楽しみながら古民家カフェ。都会なら、街角で占い師になる。海沿いの町なら、謎の女が営む小料理屋。妄想癖があるとは言っても、発想力がないので苦笑、だいたいこのレベルなんですけどね。
先日、我が家の近くにある飲食店に初めてお邪魔した時のことである。私のかつての妄想癖の内容を思い出し、しばらくその妄想が止まらなくなってしまって、翌朝が早いにもかかわらず眠れない夜があった。
その飲食店では、三重県尾鷲市の漁師さんから魚を仕入れているとのことで、新鮮で美味しい尾鷲のお刺身をいただくことができるのだけど、私の妄想のスイッチを押したのは、このお刺身の姿だった。
2年前のちょうど今頃、初めて尾鷲を取材で訪れ、港町の活気や浅黒い漁師さんたちのかっこよさ、それを支えるおかみさんたちの頼もしさ。街じゅうに魚が溢れているのに、魚臭さがなく、みんなツヤツヤの肌をしていて、何て素敵な街なんだろうと思ったのだった。ここなら住んでみたい、もし私がこの街に住むのなら・・・という妄想を何度も繰り返ししていたように記憶している。
尾鷲から来たお刺身ですよ、とお店の方に言われたこのお皿を見て、その時の妄想を急に思い出したのだった。
海のない街で生まれ育ったからか、港町の雰囲気には無条件に反応するきらいがある。もし私が尾鷲に住むのなら、やっぱり一人で居酒屋を営む謎の女だ。どこからともなくやってきた流れ者のような中年女が、小さなお店を始める。カウンター6席くらいの一階のお店で、二階が自宅になっている、よくある感じのお店。夕方4時頃から、仕事を終えた漁師たちが一杯ひっかけにやってくる。彼らは自宅で夕飯を食べなくてはいけないので、お店ではお酒のアテをちょっとつまむだけ。女将はそこのツボを心得ているので、小皿にアテを盛って出す。今日の海の話をさんざ話した後、数杯飲んで満足した漁師たちは6時には自宅へと帰ってゆく。それと入れ替わるようにして、地元のわけありアベック(笑)が2組くらいやってくる。アベックは放っておく、というのが女将の信条なので、お世辞を言うこともなく黙々と食事を出し、お酒を作り、程なくするとアベックも帰る。すると、さらに入れ替わるようにして、今度は意味ありげな女が一人入ってくる。実はこのお店は、10時以降は男性客お断りの札を掲げる店だった。女は恋愛の相談ごとにやってきたか、職場の愚痴を言いに来ている。女将は女の話を黙って聞き、話し疲れて酔いが回った女はいつの間にかカウンターで眠ってしまう。女将は肩に毛布を掛けてやり、小さなため息をひとつついて、暖簾をしまい、鍵をかける。
とまぁ、こういう妄想をし始めると止まらないのである。我が家近くの飲食店、あそこに行くときっと尾鷲の魚があるだろうから、またその夜は尾鷲の妄想で眠れなくなっちゃうんだろうな。美味しいお店だったので、今夜あたり、また行きたいのだけど。あ、明日の朝は早いんだったなぁ。ダメだ、こりゃ。

Posted by 近藤マリコ at 13時33分   パーマリンク

2016年08月29日(月)

やっとかめ文化祭、今年も! [伝統芸能の継承者たち]

画像(320x153)・拡大画像(640x307)

この10日間で、高山、有馬、京都、箱根に出掛けた。
いずれの地もインバウンドの波を受けて
外国人、特にヨーロッパ系の人が多く旅行していた。
私が驚いたのは、外国人じゃなくて日本人。
言葉が通じずに困っている人を見かけて
私のかたことの言葉で
道案内やメニュー案内(笑)する羽目になったことが
何度かあったけど
ええ格好しいの私は、
ついつい頭の中で先に文章を考えてから
説明しようとするもんだから
かえって分かりにくくなってしまって聞き直されることが多かった。
それにひきかえ、観光地のお店や駅の人々は
かなりのブロークンなんだけど、
単語を駆使して堂々と会話をして成り立っていたのだ。
ひと昔前の恥ずかしがり屋で
英語なんて話せないテイの日本人像とは
明らかに違っていて、
70歳くらいのおばちゃんが
「Try it!」とか言って商品を勧めているのを見ると驚いてしまった。
名古屋あたりじゃあんまり見かけない風景だったからだろうか。
高山駅のお兄さんも
有馬温泉の売店のおばちゃんも
京都のただの通行人のおじちゃんも
箱根のバスの運転手さんも
ちゃんと通じる単語を知ってたもんなー。
名古屋も負けてらんないね。
今日、名古屋の観光資源になりうるだろうと思われる
やっとかめ文化祭2016がいよいよ情報公開になりました。
やっとかめ文化祭には外国人のお客様もいらっしゃいます。
名古屋が誇るべき文化がいっぱい詰まっています。
ぜひ名古屋のまちなかへ、遊びに行きましょう!!!

http://yattokame.jp

Posted by 近藤マリコ at 13時59分   パーマリンク

2016年08月23日(火)

冬だけじゃなく夏も来たい、かに吉 [今日の地球]

画像(320x314)・拡大画像(640x629)

鳥取かに吉。
ここの冬の蟹料理に惚れて2年。
あの蟹料理の精神性があるんですもの。
夏のお料理にも興味津々で
有馬温泉までいったので半日お休みとって、鳥取まで一人旅。
どのお皿も、口の中の残香がはかなく、なのに存在感があって、いつまでも香りを追って味わっていました。
たとえば、カレイの天日干し。
今までの干物概念がくつがえされる。
ひと口目、
実だくさんのお吸い物たべてる感じ。
ふた口目、
香りが口と鼻に広がって
みくち目、のみこむのが勿体無くて。
頭と尻尾は、
お魚のクロワッサンかパイのような軽やかさ。
あわびはどこのフレンチにも負けてなく
干し椎茸は、もう一度命をふきこんだその丁寧さに脱帽せざるをえませんでした。
もう冬の蟹だけじゃなく
夏の鳥取にも来ないといけません。
改めてここに導いてくださった
益博さんにお礼申し上げます。
大将、魂のこもったおいしいお料理をありがとうございました。
#鳥取かに吉
#かに吉
#取材の帰りに鳥取に寄ってしまった
#ラルム外食
#なんだけど感激で震えた

画像(160x147)・拡大画像(640x588)
画像(160x147)・拡大画像(640x588)
画像(160x146)・拡大画像(640x586)

画像(160x147)・拡大画像(640x591)
画像(160x146)・拡大画像(640x586)
画像(160x158)・拡大画像(640x632)

Posted by 近藤マリコ at 21時22分   パーマリンク

間ぬけたらええねん [徒然なるお仕事]

画像(320x317)・拡大画像(640x634)

新神戸から有馬温泉にいく電車旅。
谷上の駅で
ひとつ向こうのホームへ行くのに
階段つかわんでええで!
間の電車を通り抜ければええねん!
と地元の人が教えてくれました。
はー!
確かに!
合理的やわー。
#取材だけど風景は楽しめる
#取材
#電車旅
#ラルムの仕事

Posted by 近藤マリコ at 10時27分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ



RSS2.0 powered by a-blog