LARMESラルム

2016年11月01日(火)

本朝廿四孝 名古屋 むすめ歌舞伎 [伝統芸能の継承者たち]

画像(269x320)・拡大画像(539x640)

ああ、つばさが欲しい、羽が欲しい、
飛んで行きたい、知らせたい・・・・・
恋する女性の心を、義太夫節で表現します。
歌舞伎って、
結局は恋バナだったり、歴女好みのお話だったりしますよね。
日曜日に開催された【本朝廿四孝】通し上演は、
むすめ歌舞伎・狂言・能の演者さんが
女性が演じる女性のたおやかさ
男性が演じる男性の猛々しさ
を見事にコラボされていました。
味わい深い武田信玄役に佐藤友彦さん
悪事を企てる武田家の奥家老に今枝郁雄さん
生命力あふれる上使に鹿島俊裕さん
狂言師さんチームですね!笑
朝顔を使った水口一夫さんの脚色がとても映像的でした。
映像といえば、今回は和紙に投影させて
能舞台を歌舞伎小屋のように演出したのは
映像効果を担当された水谷イズルさんと日栄一雅さん。
水谷さんは現代美術家です。
最後の章は、むすめ歌舞伎を創設した市川櫻香さん。
藤間蘭黄さんによる振付で、切ないほどの女心を舞います。
恋心が募り、ふと気づくと、白い狐になっていた。
好きな人のために、凍りつく湖を狐になって渡ってゆく
純粋がゆえに強すぎるほどの情熱を持つ八重垣姫を
まるで狐に取り憑かれたかのような静かな舞で
櫻香さんは表現されました。
この境地に至るまでの、皆さんのご努力を思うと
本当に頭が下がります。
まるで八重垣姫のごとき純粋な心持ちがなければ
コラボ舞台は作れますまい。
前回の公演から、
歌舞伎役者と狂言師がともに舞台に立つ姿を
知らないうちに見慣れてしまった私ですが、
よく考えたら、すっぴんの狂言師さんと
お化粧した歌舞伎役者が同じ舞台というのは
他では見られないコラボですものね。
演者以外にも、コラボネタはたくさんあって
書ききれないほどです。
むすめ歌舞伎が名古屋にあるということを
名古屋の人たちはもっと誇りに思っていいのではないか
つくづくそう思った1日でした。

Posted by 近藤マリコ at 01時41分

ページのトップへ ページのトップへ


RSS2.0 powered by a-blog