LARMESラルム

2017年06月11日(日)

名古屋平成中村座 [伝統芸能の継承者たち]

画像(320x310)・拡大画像(640x621)

今年2月のスターウォーズ展を皮切りに、今月は名古屋平成中村座、来月は大相撲と、名古屋城で開催される文化系活動が活発である。今日も着物美人がたくさん平成中村座に集まっていて、真夏日の名古屋にもかかわらず、着物美人エリアには一服の涼にも似た清々しさを感じた。私も着物で来るべきだったなぁと一人残念がっていたのだけど、会場でお席についてから、やっぱり洋服でよかったと思い直した。お席の前半分くらいはいつもの平成中村座らしく床に座るスタイルだからだ。足が痛いし、着物だとちょっと座りにくく足も崩しにくいのだけど、舞台との一体感は格別なものがある。江戸時代の芝居小屋を再現したいというのが勘三郎さんのご意思だったんですもの。その雰囲気を味わおうじゃありませんか。

画像(128x160)・拡大画像(515x640)

平成中村座が初めて名古屋にやってきたのは、2006年。屋号の中村の名前の由来が、名古屋市中村区であるという説を元にして、中村区にある同朋高校の体育館を芝居小屋に仕立て、確か3日か4日だけの限定公演だったと記憶している。左の写真はその時に記念で購入したTシャツ。同朋高校と書かれているので、これを着ていると、同朋高校の方ですか?と聞かれたことがあったっけ。

画像(160x146)・拡大画像(640x586)

さて、今回は勘三郎さんが亡くなって5年たち、勘九郎さんと七之助さんが後を継いで行う最初の平成中村座。きっと勘三郎さんも名古屋城に来ていて、見守っているんだろうなぁと思いながら、息子の立場になったり親の気持ちになったりしながら、舞台を楽しませていただいた。どんどん勘三郎さんに似てくる勘九郎さん。どんどん美しくなる七之助さん。夜の部の最後は、ご当地名古屋の日舞流派・西川流と深い縁のある演目「仇ゆめ」。狸が傾城に恋をしてしまうが、それが人間に知られてしまい、狸は恋い焦がれる傾城への思いを胸に命を落とすと言うお話である。イヤホンガイドのおくだ健太郎さんのの独自の解釈も加わって、狸(自然と共に生きている立場)と人間(自然を破壊する立場)の関係性やら、父と子の芸の伝承やら、はたまた思いを遂げられなかった狸の非業の死やらを考えてしまい、名古屋城を借景にしたラストシーンには、もう涙を隠すことはできなかった。

画像(160x159)・拡大画像(640x636)
画像(160x137)・拡大画像(640x550)
画像(160x137)・拡大画像(640x551)

勘三郎さんは間違いなく会場に来ているな、と本当に思っていたのだけど、それには仕掛けがあって、隠れ勘三郎アイテムが会場内に18か所あるのだそう。十八世にちなんでなのだろう。こんな楽しい仕掛けも平成中村座ならでは。そしてスタッフの方たちのおもてなし精神にも本当に驚いた。席やトイレの誘導には、マイクを使わずにお客さんの心にちゃんと届くように心を込めて、時折ジョークを交えながら、見事に仕切っておられた。歌舞伎を楽しんでもらいたいという素直な気持ちがホスピタリティとして現れていて、これもきっと勘三郎さんがずっと思い描いた芝居小屋の形なのだろうと思うと、またまた泣けてくるのであった。

Posted by 近藤マリコ at 21時40分   パーマリンク

夢、四面楚歌 [facebook]

北欧のとある空港にて。
日本に戻る飛行機に乗るため
重い荷物を持って
なぜだか空港まで歩いて行くが
強風に立ち向かいながら歩くので
ちっとも歩が進まない。
走ってて心臓もばくばくしてるのに
景色の変化を見ると牛歩に近い。
このままだと乗り遅れる!
空港で待ってるはずの友人に
電話するけど素っ頓狂な答え。
わたしの横を通り過ぎるトラック野郎の
車の後ろに四面楚歌と筆文字が。
あれ?北欧じゃなかったっけ?
ここは日本?
というところで目が覚めた。
疲れた夢だった。

Posted by 近藤マリコ at 09時39分   パーマリンク

2017年05月02日(火)

晩餐会をプロデュースしました [えとせとら]

画像(318x320)・拡大画像(637x640)

先月のこと。長い付き合いの友人が還暦を迎えるということで、お祝いの記念晩餐会をプロデュースさせていただいた。今年60歳になられるわけなので、つまり昭和32年(1957年)にご誕生のその方のお仕事は、フレンチレストランのオーナーソムリエ。名古屋を代表する重鎮のお一人なので、「すんごいワインのラインアップで豪華な晩餐会を!」と発想するのが普通だと思うのだけど、普通なんてつまんない!と思ってしまう職業病のわたくし。日本におけるソムリエという職業の先頭を走ってこられた方の歴史を、参加した方と一緒に感じながら、会話を楽しめる晩餐会にしたいと思って、今年の1月くらいから企画を始めたのであった。
晩餐会のキーワードは昭和32年。そのドレスコードに見合う会場探し。メニュー構成。ワイン探し。サービスのスタイル。BGMにお手土産のセレクト。そして特別に仕事してくれる料理とサービススタッフの人選。全てにわたって昭和32年を意識し、参加した方はもちろん、お祝いされる主役にとって忘れられない思い出の1日となるよう、方々に頭を下げて協力をお願いし(笑)、楽しかった!と言ってもらえる晩餐会を無事に開催したので、ここで詳細をご紹介させていただこうと思う。ま、正直に言って、プロデュースしてるわたしが多分いちばん楽しかったんですね、きっと。

画像(120x160)・拡大画像(481x640)

会場は名古屋市東区にある大洋ビル。昭和6年に建設されたレトロビルで、主役のご両親とほぼ同年齢のビルヂング。普段は薬膳料理の料理教室として使われている場所を、無理を言って貸してもらいました。

画像(120x160)・拡大画像(481x640)

テーブルセッティングはこんな感じ。主役から「お店ではクリストフルを使ってるので、お店のカトラリーを持参するね」と言われたけど、いえいえ昭和32年ですから、と説き伏せて、あえて会場にあったカトラリーで昭和32年を演出です。お花は紅白でアレンジしました。BGMは、映画「ALWAYS三丁目の夕陽」のサントラ。あの切なくて懐かしいメロディが会場に流れました。

画像(121x160)・拡大画像(484x640)

ワイングラスは必要最低限の種類をお店から持ち込み。ワインをサーヴするためのお道具類も持ち込み。普段のお店とは全く違った印象でした。


画像(108x160)・拡大画像(432x640)

これが当日お配りしたメニュー表。でもただのメニューじゃござんせん笑。

画像(107x160)・拡大画像(431x640)

中面のごあいさつです。晩餐会のテーマのこと、いろいろ説明しております。

画像(110x160)・拡大画像(442x640)

主役をお祝いするべく、集まってくれたスタッフは、お店でお仕事してきた歴代のシェフ、ソムリエたち。遠方で活躍している人には声がかけられませんでした。それはちょっと残念でした。


画像(107x160)・拡大画像(430x640)

メニューその1。

画像(152x160)・拡大画像(608x640)

左が生春巻きに包まれたポテトサラダ、こういう発想が現代解釈っぽくていいでしょ。右下がシーザーサラダ、本来のシーザーサラダと上下が反対になってて面白い。右上はホットドッグ。パンから手作り。トマトケチャップも手作りなんですって。

画像(160x158)・拡大画像(640x632)

昭和32年といえばコーンポタージュは大ご馳走!コーンポタージュだと思って食べると、あれ?という印象。実は下のポタージュが新玉ねぎ。上の黄色いピューレだけがトウモロコシ。現代解釈のコーンポタージュです。


画像(141x160)・拡大画像(566x640)

カニクリームコロッケ。でもとっても贅沢なんです。毛ガニがたっぷり入ってて、松浦さん渾身の作。実は家庭用のガスで火力が足りず、揚げるのがとっても難しかったのだそうです。

画像(105x160)・拡大画像(422x640)

メニューその2。

画像(160x135)・拡大画像(640x542)

メインのお皿は、ナポリタン風のラザニア、ハンバーグステーキ、ハヤシライス。昭和32年にはキャビアもフォアグラもトリュフも使ってませんでした。洋食が何よりの外食のご馳走だった時代。3人のシェフの合作プレートです。


画像(159x160)・拡大画像(636x640)

デザートはシュークリーム!昭和のオシャレなスイーツといえば、何と言ってもシュークリーム!永遠のアイドルのようなものですね。

画像(160x152)・拡大画像(640x608)

グランターブル・キタムラの北村シェフより、お祝いのケーキがサプライズで届きました。

画像(160x157)・拡大画像(640x630)

最後のコーヒーは、これまた私の長年の付き合いである珈琲職人の友人に特別に昭和32年ブレンドを淹れてもらいました。昭和32年のコーヒー事情を振り返り、打ち返しという当時の淹れ方を再現!お世辞抜きにこれは本当に美味しかった!


画像(160x97)・拡大画像(640x389)
画像(160x114)・拡大画像(640x458)
画像(160x114)・拡大画像(640x456)

画像(123x160)・拡大画像(493x640)

当日ライブがあり参加できなかったケイコ・リーさんから映像でお祝いメッセージとハピバソングのプレゼント。

画像(160x118)・拡大画像(640x472)

料理人チームは、四間道レストランmatsuuraの松浦さん、コリエドールの野々山さん、ルマルタンペシュール現シェフの藤村さん。

画像(160x120)・拡大画像(640x483)

ソムリエチームは、現ルマルタンペシュールのソムリエール、前田さんと梶原さん、2001年頃にソムリエだった佐藤さん、cafe&wine nonの今浦さん、六区の尾崎さん。


画像(160x157)・拡大画像(640x628)

歴代シェフが一緒に仕事する風景は、見ている方もジーンときましたね。

画像(160x118)・拡大画像(640x473)

この日のワインのラインアップ。主役が選んだワインは、いろいろな思い出が詰まったものばかり。一部のものはワインではなくなっていたという声も。でもそういうハプニングも含めての楽しさなのです。それを理解してくださったお客様に感謝でした。

画像(160x124)・拡大画像(640x499)

友人の帰山人さん。珈琲職人ですが普段は別のお仕事してる人。珈琲は完全なる趣味の世界だけど、珈琲嫌いの私が美味しいと思える珈琲を唯一淹れてくれる人。


画像(160x158)・拡大画像(640x632)

ドレスコード昭和32年を忠実に守ってくれた友人たちに感謝。「オー!モーレッツ!」の小川ローザ風のいでたちで現れたのは、サロン・ド・タマラドの女主人。

画像(160x157)・拡大画像(640x629)

なんとー!当日お祭りだったので、そのまま昭和感を背負ってきてくださったOさん

画像(158x160)・拡大画像(635x640)

昭和の未亡人をテーマに、ヘアメイクと着物のセレクト。実は当日のメニュー表などデザインしてくれたマルチデザイナーのトヨちゃん。


画像(152x160)・拡大画像(608x640)

よーく見ると、完璧な昭和感のおふたり。親友のSドクター夫妻です。

画像(160x156)・拡大画像(640x626)

主役とSドクター。よく似たスタイルでした。


画像(118x160)・拡大画像(473x640)

皆さんにお手土産として持ち帰っていただいたのが、白木のあられ。ごぼうとおこげ。昭和32年のお菓子は、クッキーやチョコレートよりも圧倒的に米菓子だったんです。名古屋が誇る白木のあられを選びました。

画像(160x121)・拡大画像(640x485)

あられにはこの帯を付けて。主役からのお手紙みたいな感じでね。それと、主役が還暦のソムリエですからね、当然ながらこのあられにぴったり合う赤ワインをセレクトしてもらいました。が、手元にないので画像がない泣。


画像(160x95)・拡大画像(640x380)

参加された方にはジャーナリストがいらっしゃり、翌日の夕刊のコラムでこんな風に書いてくださっていました。

画像(160x159)・拡大画像(640x637)

ちょっと気恥ずかしいのですが番外編。当日はスタッフのまかない弁当を私が用意しました。だって買ってきたお弁当なんてプロの皆さんに申し訳ないもの。たとえ味はイマイチでも、手作りなら安心ですから。


最後まで長々と読んでくださってありがとうございました。プロデュースしたわたしの方が楽しんでいたということがよくおわかりいただけたのではないかと思う。これから年上のお兄さんやお姉さんが続々と還暦を迎えることになると思うので、これに気を良くして、還暦晩餐会のプロデュース業はじめようかな。それ以外にも、いろいろな晩餐会があってもいいよねぇ。生前葬のプロデュースなんて面白そうだな。不謹慎なんかじゃなくて、みんな死に向かって生きているのは間違いないんだもの。得意の妄想癖がこの日から止まらないのである。

画像(120x160)・拡大画像(481x640)

これがお土産にしたあられとワイン。
私の手元にはなかったのだけど
今回のグラフィック系のものすべてのデザインをしてくれた
マルチデザイナーの豊田ミサゴさんが送ってくれたので、
追加掲載させていただく。

画像(121x160)・拡大画像(487x640)

それでもって当日のメニュー表がこちら。
豊田ミサゴさんがデザインと和綴じ製本をしてくださった。
おかげで立派な8ページのメニューが完成。
職人ミサゴに心より感謝。
持つべきものは、手が器用で知識豊富なデキル友人ですな。

Posted by 近藤マリコ at 21時05分   パーマリンク

2016年11月01日(火)

本朝廿四孝 名古屋 むすめ歌舞伎 [伝統芸能の継承者たち]

画像(269x320)・拡大画像(539x640)

ああ、つばさが欲しい、羽が欲しい、
飛んで行きたい、知らせたい・・・・・
恋する女性の心を、義太夫節で表現します。
歌舞伎って、
結局は恋バナだったり、歴女好みのお話だったりしますよね。
日曜日に開催された【本朝廿四孝】通し上演は、
むすめ歌舞伎・狂言・能の演者さんが
女性が演じる女性のたおやかさ
男性が演じる男性の猛々しさ
を見事にコラボされていました。
味わい深い武田信玄役に佐藤友彦さん
悪事を企てる武田家の奥家老に今枝郁雄さん
生命力あふれる上使に鹿島俊裕さん
狂言師さんチームですね!笑
朝顔を使った水口一夫さんの脚色がとても映像的でした。
映像といえば、今回は和紙に投影させて
能舞台を歌舞伎小屋のように演出したのは
映像効果を担当された水谷イズルさんと日栄一雅さん。
水谷さんは現代美術家です。
最後の章は、むすめ歌舞伎を創設した市川櫻香さん。
藤間蘭黄さんによる振付で、切ないほどの女心を舞います。
恋心が募り、ふと気づくと、白い狐になっていた。
好きな人のために、凍りつく湖を狐になって渡ってゆく
純粋がゆえに強すぎるほどの情熱を持つ八重垣姫を
まるで狐に取り憑かれたかのような静かな舞で
櫻香さんは表現されました。
この境地に至るまでの、皆さんのご努力を思うと
本当に頭が下がります。
まるで八重垣姫のごとき純粋な心持ちがなければ
コラボ舞台は作れますまい。
前回の公演から、
歌舞伎役者と狂言師がともに舞台に立つ姿を
知らないうちに見慣れてしまった私ですが、
よく考えたら、すっぴんの狂言師さんと
お化粧した歌舞伎役者が同じ舞台というのは
他では見られないコラボですものね。
演者以外にも、コラボネタはたくさんあって
書ききれないほどです。
むすめ歌舞伎が名古屋にあるということを
名古屋の人たちはもっと誇りに思っていいのではないか
つくづくそう思った1日でした。

Posted by 近藤マリコ at 01時41分   パーマリンク

2016年09月10日(土)

妄想クイーン活発な秋 [えとせとら]

画像(320x280)・拡大画像(640x560)

子供の頃から激しい妄想癖がある。そのほとんどが、ドリフの「もしも●●●な●●●がいたら」っていうあの「もしもシリーズ」みたいなもので、私がもし●●だったら、と、一人で妄想しては一人で「ダメだこりゃ」と突っ込んでは遊んでいる。言ってみれば、脳内一人遊びなので、誰にも迷惑をかけないし、お金もかからないし笑、どこにいたってできる。
今まで行ったことのない場所に取材で出かけると、「もしも私がこの土地に移り住んだら、どんな暮らしをするか」という妄想をよくする。山間の町なら、農業を楽しみながら古民家カフェ。都会なら、街角で占い師になる。海沿いの町なら、謎の女が営む小料理屋。妄想癖があるとは言っても、発想力がないので苦笑、だいたいこのレベルなんですけどね。
先日、我が家の近くにある飲食店に初めてお邪魔した時のことである。私のかつての妄想癖の内容を思い出し、しばらくその妄想が止まらなくなってしまって、翌朝が早いにもかかわらず眠れない夜があった。
その飲食店では、三重県尾鷲市の漁師さんから魚を仕入れているとのことで、新鮮で美味しい尾鷲のお刺身をいただくことができるのだけど、私の妄想のスイッチを押したのは、このお刺身の姿だった。
2年前のちょうど今頃、初めて尾鷲を取材で訪れ、港町の活気や浅黒い漁師さんたちのかっこよさ、それを支えるおかみさんたちの頼もしさ。街じゅうに魚が溢れているのに、魚臭さがなく、みんなツヤツヤの肌をしていて、何て素敵な街なんだろうと思ったのだった。ここなら住んでみたい、もし私がこの街に住むのなら・・・という妄想を何度も繰り返ししていたように記憶している。
尾鷲から来たお刺身ですよ、とお店の方に言われたこのお皿を見て、その時の妄想を急に思い出したのだった。
海のない街で生まれ育ったからか、港町の雰囲気には無条件に反応するきらいがある。もし私が尾鷲に住むのなら、やっぱり一人で居酒屋を営む謎の女だ。どこからともなくやってきた流れ者のような中年女が、小さなお店を始める。カウンター6席くらいの一階のお店で、二階が自宅になっている、よくある感じのお店。夕方4時頃から、仕事を終えた漁師たちが一杯ひっかけにやってくる。彼らは自宅で夕飯を食べなくてはいけないので、お店ではお酒のアテをちょっとつまむだけ。女将はそこのツボを心得ているので、小皿にアテを盛って出す。今日の海の話をさんざ話した後、数杯飲んで満足した漁師たちは6時には自宅へと帰ってゆく。それと入れ替わるようにして、地元のわけありアベック(笑)が2組くらいやってくる。アベックは放っておく、というのが女将の信条なので、お世辞を言うこともなく黙々と食事を出し、お酒を作り、程なくするとアベックも帰る。すると、さらに入れ替わるようにして、今度は意味ありげな女が一人入ってくる。実はこのお店は、10時以降は男性客お断りの札を掲げる店だった。女は恋愛の相談ごとにやってきたか、職場の愚痴を言いに来ている。女将は女の話を黙って聞き、話し疲れて酔いが回った女はいつの間にかカウンターで眠ってしまう。女将は肩に毛布を掛けてやり、小さなため息をひとつついて、暖簾をしまい、鍵をかける。
とまぁ、こういう妄想をし始めると止まらないのである。我が家近くの飲食店、あそこに行くときっと尾鷲の魚があるだろうから、またその夜は尾鷲の妄想で眠れなくなっちゃうんだろうな。美味しいお店だったので、今夜あたり、また行きたいのだけど。あ、明日の朝は早いんだったなぁ。ダメだ、こりゃ。

Posted by 近藤マリコ at 13時33分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ



RSS2.0 powered by a-blog